ミュージカル
「サンセット大通り」

ミュージカル「サンセット大通り」のチケット情報

イントロダクション

全ミュージカルファンが注目する
「オペラ座の怪人」に続く<愛の悲劇>の幕が開く―!

1993年『サンセット大通り』は、『キャッツ』、『オペラ座の怪人』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』など、数々の大ヒットミュージカルを生み出してきた、<現代のモーツァルト>アンドリュー・ロイド=ウェバーによりロンドンにて初演。

翌年にはブロードウェイにて上演され、1995年トニー賞最優秀ミュージカル作品賞を獲得した。あわせて、主役ノーマを演じたグレン・クローズが最優秀ミュージカル主演女優賞を受賞、その他計7部門を受賞し、大きな話題となった。

芸術を愛しながらも、自らの屋敷に閉じこもり、若き才能に執着する主人公・ノーマはロイド=ウェバーの代表作『オペラ座の怪人』のファントムを彷彿とさせる。

日本でも、長らく上演が待たれていたものの、そのキャスティングの難しさや壮大なセットにより、上演は不可能だとされていた『サンセット大通り』。その幻の作品が、2012年、ついに日本で初演。

演出に濃密な人間ドラマを描くことで定評のある鈴木裕美、数多の女優たちが熱望していた大女優・ノーマ役に安蘭けいを迎えた本作は、高い評価を得て、日本のミュージカル界に新たな歴史を刻んだ。

その後、2015年の再演では、もう一人の主演の大女優ノーマ役に、ロイド=ウェバーの最新作『ラブ・ネバー・ダイ』にも出演し圧倒的な歌唱力を誇る濱田めぐみを迎え、ふたりの歌姫による夢の競演が実現した。

ストーリー

ハリウッドのサンセット大通りに面するある邸宅のプールに、若い男の死体が浮かんだ。“彼”は自分の死の真相について語り始める―

売れない脚本家のジョー・ギリス(松下優也/平方元基)はある日借金取りに追われ、荒れ果てた不気味な豪邸に逃げ込む。そこにはかつて一世を風靡した大女優ノーマ・デスモンド(安蘭けい/濱田めぐみ)が、怪しげな執事マックス(山路和弘)と共に、過去の夢に生きていた。ジョーが脚本家だと知ったノーマは、彼女の主演映画のシナリオを住み込みで書くよう命じる。「私は今でも大女優、小さくなったのは映画よ!」

寝食にありつけると依頼に飛びついたジョーだったが、志を同じくする脚本家ベティー・シェーファー(平野 綾)と心を通じていく一方、仕事はおろか私生活まで束縛するノーマに次第に嫌気がさし始める。

大晦日の晩、屋敷を抜け出して仲間との新年パーティーに出席していたジョーに「ノーマが手首を切った」とマックスから電話が入り…

大女優の悲哀と孤独、ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!
気が狂うほど 私は 私が 愛おしい――

インタビュー

女優 濱田めぐみさん

ノーマを演じるのは大変なこと。
でも舞台の上では徹底的にノーマとして生き抜きます。

『キャッツ』『オペラ座の怪人』など、数々の大ヒットミュージカルを生み出してきたアンドリュー・ロイド=ウェバー作『サンセット大通り』。1993年の初演以来、ブロードウェイでも上演され、数多の賞を受賞した伝説の作品です。日本でも2012年に初演。2015年に再演され、2020年には再々演が決定。2015年に主演の大女優ノーマ役に抜擢された濱田めぐみさんが、再びノーマを演じられます。今回はその濱田さんに、前回出演した際のエピソードや再演における役づくり、この『サンセット大通り』の主役ノーマについてなど、さまざまなお話を伺いました。

濱田めぐみさん
――前回公演に引き続いてですが、今回の出演が決まったときはどのように思われましたか

最初は、婉曲にお断りを申し上げたんです。
前回の2015年にお話があったときは、『サンセット大通り』はアンドリュー・ロイド=ウェバーの大作であり、グレン・クローズさんをはじめとする、ロンドン、ブロードウェイの華やかな舞台、そして非常に壮大なイメージがあったので、あまりに荷が重いと思ったのです。
それでも結果的には流れでお引き受けすることになり、初演は死にもの狂いでなんとか演じたので、ほとんど記憶に残っていませんでした。
あのときは台本と演出、歌、そしてもとになる映画など手に入る、ありとあらゆる資料を体に叩き込んで、もう無我夢中で演じたのに、覚えていない。そういうことが人間にはあるのだなと思いました。

今回の再演まで、私の年齢における5年間は、女性にとって非常に変化する時期でもありました。その中で気がついたことがたくさんあります。前回は劇団四季の団員としてがむしゃらに走り続け、退団後もそのままずっと走り続けてきた後に『サンセット大通り』の出演に至ったのですが。この5年間は『メリー・ポピンズ』や『レ・ミゼラブル』などの舞台があったり、いくつかの区切りがありました。その間に、いろいろなことを振り返り、役づくりや稽古場の居方、それだけでなく「人生とは」「死とは」など、一人の人間に立ち返って考えてみようというような瞬間があったんです。女性が年齢を重ねる様、気持ちの持ち方、価値観、環境の変化への対応など、いろいろと思う日々がありまして。そんなときにまた『サンセット大通り』出演のお話をいただき、前とは自分の感覚が少し違うように思えました。
例えば、ノーマという一女性が置かれている状況を、ノーマ・デズモンドという役名を外して見てみたとき、少し理解できることが増えていて。これまで少女、女性、お姉さん、母親に近い役を演じてきた感覚も持ちながら、この先に中年、母親の役が増える年代に入っていくとき、ノーマという女性の気持ちが、少し理解できるように思える自分に気がつきました。

今の私は、自分より若い世代と自分がこれから辿るであろう未来の世代の両方を理解できます。『サンセット大通り』は、女性とは、人間の欲望とは、依存性とは、ヒステリーとはなにかなど、人間が持っているポジティブな思いばかりではなく、ネガティブなものがクローズアップされている作品なので、少し俯瞰的に見てみると、そこをどうノーマが生き抜いていくかという模索の仕方が、前よりも身近に感じられる部分が多い気がしたのです。

濱田めぐみさん
――今回は、どんな風にノーマを演じてみたいと思われますか

最近、発見したのは、台本を見ているときに、前は気にしなかったところに引っかかるポイントがある。その単語に目が行って「この人は、どうしてここでこの話題を出してきたのか」など、発想の持ち方が変わってきているところがあるので、一つのセリフも簡単にはしゃべれなくなるだろうという予感はあります。

存在や居ずまいでノーマの雰囲気を出せるのが、いちばんいいと思うのですが。そうするとセリフ回しや歌のテクニックということではなくなってきます。そういう気か、オーラのようなもの、「長い間、孤独だった」と思われるようなノーマの空気を、まず纏いたいと思っています。演じるという次元ではなく、そういうものが纏えれば、セリフも前よりナチュラルに出せるかもしれない。そんな雰囲気を出したいですね。

ノーマという人を理解して役に入るわけですけど、入りすぎるとまた怖い。
瞳子さんに「ノーマ・デズモンドって大変な人じゃない?」とたずねたら、「そう?可愛い女性じゃないの」って(笑)。ただ思っているのは、ノーマは単なる自分の役ではなく、“演じさせていただく役”。いかに皆さんが思っているノーマ・デズモンドに近づけるかがカギだと思っています。

――2015年と同じ役を演じられるお気持ちを教えてください。

前回もノーマはとても大変な役でしたが、今回もそれは変わりません。ただ、これからどんどん稽古して、みんなでだんだんつくり上げていく部分があるので、どうなっていくのか大変だけれど楽しみでもあります。

ベースとして、ノーマは簡単には泣かない、ちょっと嫉妬深いなど、最低限「ノーマはこうだ」というものを全員が共有していないと舞台が成り立たないので。基本的にそれを踏まえつつ、今度は相手役が元基(平方元基さん)なので、彼との関係性の中でなにか特別な変化が起きるかもしれない。そして、私たちが演じるお芝居を見て、演出家がどれをチョイスするかもわからない。だから、私の場合は心理的なものも含めて、できる限りの準備を、普通の演目より少し多めに持って進まないと、自分が怖いだろうと思っています。
どうしてこんなことを思うかというと、やはり『サンセット』は歴史が大きすぎる。多くの人が持っている、確固たるノーマのイメージや譲れない部分があるのではと思います。皆さんが求めているノーマ像を演じなければというのもありますね。半分は期待に応えないと『サンセット』ではないし、自分のままに演じるとそれはノーマではないというジレンマもある。見ただけで「あ、ノーマだ」と思ってもらえないといけないので。そのバランスが重要ですね。

――本作品の見どころを教えてください

前回ご覧になった方はペアが変わった分、違う化学変化が生まれるというのもあると思います。もう一つ、この作品は、変化に対応していく人間の様というのが描かれている作品だと思うんです。ノーマは変化に対応できない。過去の栄光を引きずっていて。そして、それに自分が気づいていない。変わりたくないと思うノーマに対して、ジョーは自分が変わりたくて仕方ない。その相反するものが、何かの点で惹かれ合ったときに生まれてくる摩擦のようなもの。それは情なのか、恋なのか、もしくは打算的なものなのか、わからないなにかで引き寄せられ、全く真逆の二人が、そこから生まれてくる人間関係を生々しく描いていく。
ノーマは変化に対応できずに最後に精神が崩壊してしまいます。設定は違いますけれど、どこかで共感できたり、結びつく部分が、ご覧になっている方にもあるかもしれない。そういう因子は誰にでもある、だから、そうならないような反面教師的な存在でもありたい。でも人間は愚かだけれどおもしろいし、深いし、可愛らしいということを客観的に見られる作品かと。前回よりも、そういうことをより際立たせることができたらと思います。

――公演を楽しみにされているお客様へのメッセージをお願いいたします

普段味わえない世界観というものが舞台上で、ある意味生々しく、そして憧れのショービズの世界がきらびやかに繰り広げられます。それに、狭い空間の中で、大人数が繰り広げる人間関係の多様さ。人は一人では生きていけないし、人と人が関われば何かしら関係性が生まれる。普段とは違う世界の、違う環境のものを客観的に見られるのは、とてもおもしろいと思います。
それに、ロイド=ウェバーの音楽は、見る人たちを巻き込んでいきます。まるで自分がそこの一員になったかのような、同じフィールドにいるかのような魔法をかけるので、この舞台の3時間は、ある意味、本当に夢の世界かもしれません。
役者が役にはまればはまるほど、お客様もこの世界に吸い寄せられると思うので、公演期間は心おきなくどっぷり役に浸かって、とことんノーマとして生き抜いてみたいと思っています。ぜひともその空間を共有していただけたら、そして応援していただければと思います。

――ありがとうございました

キャスト & スタッフ

【キャスト】

安蘭けい / 松下優也
濱田めぐみ / 平方元基

山路和弘 / 平野 綾
太田基裕 / 戸井勝海 / 浜畑賢吉

小原和彦
坂元宏旬
杉浦奎介
橋本好弘
ひのあらた
藤浦功一
藤田遼平
若泉 亮
彩橋みゆ
家塚敦子
石井 咲
小此木まり
加藤梨里香
須藤香菜
福麻むつ美
(五十音順)

【スタッフ】

作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
脚本・作詞:ドン・ブラック、クリストファー・ハンプトン
演出:鈴木裕美
修辞・訳詞:中島淳彦
音楽監督:塩田明弘
美術:二村周作
照明:原田 保
音響:山本浩一
衣裳:有村 淳
ヘアメイク:宮内宏明
歌唱指導:高野絹也
振付:前田清実/桜木涼介
演出助手:山田美紀
舞台監督:二瓶剛雄

ムービー

  • ミュージカル『サンセット大通り』2020 PV

  • ミュージカル『サンセット大通り』2020 15秒スポット

公演情報

公演名
ミュージカル「サンセット大通り」
対象公演日程

2020年3月17日(火)~2020年3月27日(金)

※横スクロールで公演日程が確認できます。

2020 3/17日
(火)
3/19日
(木)
3/20日
金・祝
3/21日
3/22日
3/24日
(火)
3/25日
(水)
3/27日
(金)
13:30
17:00
18:30

※ダブルキャストの為、配役は公式HPよりご確認ください。

会場
【東京】東京国際フォーラム ホールC
料金
【定価】
S席:13,500円 / A席:9,000円 / B席:5,500円

【ご優待価格】
[平日]
S席(オリジナルグッズ付):10,125円 / 
A席:6,750円 / B席:4,125円
[土日祝]
S席(オリジナルグッズ付):11,475円 / 
A席:7,650円 / B席:4,675円
備考
  • ※本公演のチケット購入代金のお支払いにはVisa付エポスカード(プリペイド含む)のみご利用いただけます。
  • ※お1人様4枚まで
  • ※表示されている公演日・席種のみの受付となります。
  • ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
  • ※出演者変更の場合でも、他公演へのお振替、払い戻しは致しかねます。
  • ※車椅子でご来場のお客様は、車椅子スペースに限りがございますので、事前にホリプロチケットセンターまでご連絡ください。
  • ※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
  • ※1度お申込みいただいた公演の追加申込みはできませんのであらかじめご了承ください。
  • ※この優待販売は、必ずしも良席を保証するものではございません。
チケットお申込み

お問い合わせ

▲ ページ上部へ