第九コンサート チケット情報

第九コンサート

交響曲第9番 ニ短調 作品125(こうきょうきょくだい9ばん ニたんちょう さくひん125、ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1824年に作曲した独唱と合唱を伴う交響曲。ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲である。 ベートーヴェン自身はタイトルをつけなかったが、通称として「合唱」や「合唱付き」が付されることも多い。また日本では略称として「第九」(だいく)とも呼ばれ、その演奏会は年末の風物詩となっている。第4楽章は独唱および合唱を伴って演奏され、歌詞にはシラーの詩『歓喜に寄す』が用いられ、その主題は『歓喜の歌』としても親しまれている。原曲の歌詞はドイツ語だが、世界中の多くの言語に翻訳されており、その歌詞で歌われることもある。 多くの批評家や音楽学者によってベートーヴェンの最高傑作に位置付けられるだけでなく、西洋音楽史上最も優れた作品の1つに数えられている。第4楽章の「歓喜」の主題は、欧州評議会においてはヨーロッパ全体をたたえる「欧州の歌」として、欧州連合(EU)においては連合における統一性を象徴するものとして、それぞれ採択されている。このほか、コソボ共和国の暫定国歌や、かつてのローデシアの国歌としても制定されていた。ベルリン国立図書館所蔵の自筆譜資料は2001年に国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)のユネスコ記憶遺産リストに登録された。初演/初版の版刻に用いられた筆写スコアが2003年にサザビーズで競売にかけられた際には、「人類最高の芸術作品」と紹介されている。

もっと見る

「交響曲第9番_(ベートーヴェン)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2022年09月24日(土) 15:34UTC 現在での最新版を取得
「交響曲第9番_(ベートーヴェン)」をWikipediaで読む

取扱い公演チケット情報

第九と皇帝

公演日 公演会場 販売方法 受付期間 申し込み

東京文化会館 大ホール(東京都)

インターネット予約

公演日の3日前 20:00

受付中

詳細へ

第九コンサート 2022

公演日 公演会場 販売方法 受付期間 申し込み

神戸国際会館こくさいホール(兵庫県)

インターネット予約

公演日の3日前 20:00

受付中

詳細へ