空手 チケット情報

空手

空手道(からてどう)または空手(からて、沖縄語発音: [ka?ati])は、琉球王国発祥の拳足による打撃技を特徴とする武道である。起源には諸説があるが、沖縄固有の拳法の手に当身の際の発声、巻き藁稽古法など、日本の剣術(特に薩摩示現流)の影響を受けたという見方がある。 琉球王国において士族の嗜みであった空手道は、大正時代に沖縄県から他の都道府県に伝えられ、昭和8年(1933年)に大日本武徳会において日本の武道として正式承認を受け、沖縄に大日本武徳会の支部が置かれる。1899年(明治32年)に始まる沖縄県から米国ハワイ州への移民、それに続く南米等への移民とともに海外に空手が広まる。さらに第二次世界大戦後は米軍関係者を通じて世界各地に広まった。現在普及している空手道は、沖縄の空手、試合方式の違いから防具を着用して直接打撃を行う防具付き空手、寸止めルールを採用する伝統派空手、直接打撃制ルールを採用するフルコンタクト空手などに大別できる。 今日の空手道は打撃技を主体とする格闘技であるが、沖縄古来の空手には取手(トゥイティー、とりて)、掛手(カキティー、かけて)と呼ばれる関節技や投げ技や掛け掴み技も含んでいた。また、徒手空拳の技以外に棒術、釵術、ヌンチャク術といった武器術も併せて修行するのが一般的である。沖縄では現在でも多くの沖縄系流派が古来の技術と鍛錬法を維持しているが、最近の本土系の流派では失伝した技を他の武術から取り入れて補う形で、総合的な体術への回帰、あるいは新たな総合武道へ発展を目指す流派・会派も存在する。

もっと見る

「空手道」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2024年05月21日(火) 22:24UTC 現在での最新版を取得
「空手道」をWikipediaで読む

取扱い公演チケット情報

第9回全日本フルコンタクト空手道選手権大会[5/25〜5/26自由席]

公演日 公演会場 販売方法 受付期間 申し込み

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(大阪府)

インターネット予約(即時発券)

公演日の3日前 20:00

受付中

詳細へ

第9回全日本フルコンタクト空手道選手権大会[5/26指定席]

公演日 公演会場 販売方法 受付期間 申し込み

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(大阪府)

インターネット予約(即時発券)

公演日の3日前 20:00

受付中

詳細へ

第1回空手 Champion of Champions

公演日 公演会場 販売方法 受付期間 申し込み

国立代々木競技場 第二体育館(東京都)

インターネット予約(即時発券)

公演日の3日前 20:00

受付中

詳細へ