加藤登紀子 チケット情報

加藤登紀子

加藤 登紀子(かとう ときこ、本名:藤本 登紀子、1943年〈昭和18年〉12月27日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。「おときさん」の愛称で親しまれている。 東京大学在学中の1965年に第2回「日本アマチュアシャンソンコンクール」で優勝。1966年 「誰も誰も知らない」でレコード・デビュー。2枚目のシングル「赤い風船」で、「第8回日本レコード大賞」新人賞受賞。1969年 「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。1971年 「知床旅情」で、2度目の第13回日本レコード大賞歌唱賞受賞。「百万本のバラ」(1987年 のヒット曲)の日本語歌詞作詞を行ったことや、「難破船」の作詞作曲などでも知られる。日本訳詩家協会6代目会長。1983年の映画『居酒屋兆治』では高倉健の妻の役を演じた。 城西国際大学観光学部で客員教授をした後、星槎大学共生科学科客員教授(2021年1月現在)。日本訳詩家協会会長に就任(2021年5月?)。夫は学生運動活動家の藤本敏夫。次女は歌手のYae。

もっと見る

「加藤登紀子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2024年06月17日(月) 01:36UTC 現在での最新版を取得
「加藤登紀子」をWikipediaで読む