中村時蔵(五代目) チケット情報

中村時蔵(五代目)

五代目 中村時蔵(ごだいめ なかむら ときぞう、1955年(昭和30年)4月26日 - )は、歌舞伎役者。屋号は萬屋。定紋は桐蝶、替紋は蔓片喰。 叔父に初代中村獅童、従兄弟にニ代目中村獅童が居る。 東京都出身。早世した歌舞伎役者四代目中村時蔵の長男で、現代の歌舞伎界における立女形の1人。七代目尾上菊五郎の女房役など、菊五郎劇団一座の舞台で数多くの役を務める。 国立劇場養成事業の歌舞伎俳優研修の講師を2007年より務めており、現在は主任講師である。 二代目中村錦之助は実弟。子に四代目中村梅枝と中村萬太郎、また孫が2人いる(梅枝の長男 小川大晴と萬太郎の長女)。 白髪は自毛で一切染めていない。 趣味は陶芸。 幼稚舎から慶應義塾に通い、慶應義塾大学文学部国文学科を卒業。

もっと見る

「中村時蔵 (5代目)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2022年08月11日(木) 01:41UTC 現在での最新版を取得
「中村時蔵 (5代目)」をWikipediaで読む