Martin Garrix(マーティン・ギャリックス) チケット情報

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)

マーティン・ギャリックス(Martin Garrix、1996年5月14日)は、オランダ出身の音楽プロデューサー、トラックメイカー、作曲家、編曲家の音楽アーティスト兼DJ。 自身が19歳の時に設立したSTMPD RCRDSに所属している。 その前は2012年(16歳)からSpinnin' Recordsに所属していた。 17歳の時に「Animals」をリリースすると、当時EDMシーンで最先端のトレンドだったハードキック、シンセリフを備えたビッグルーム・ハウス・サウンドが話題を呼び、大ヒットに(最終的に全英1位/全米21位を記録)。一躍トップ・アーティストとなった。 その後、2013年?2014年にかけては「Tremor (w/ ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)」「Turn Up The Speakers (w/ Afrojack)」など、ビッグルーム系のヒット・トラックを連発。その人気を不動なものとした。 2015年に「Don’t Look Down (ft. Usher)」(全英9位)をリリースすると、Spinnin’を離れ、メジャーを軸に新たなサウンドと活動を展開。 2016年以降は「Now That I’ve Found You (ft. John & Michel)」「Byte (w/ Brooks)」「High on Life (ft. Bonn)」といったダンス系トラックと並行して、「In the Name of Love (w/ ビービー・レクサ)」「Scared to Be Lonely (w/ Dua Lipa)」「There for You (w/ Troye Sivan)」「Ocean (ft. Khalid)」などポップ路線の楽曲もリリースし、成功を収めている。 2018年には、第23回冬季オリンピック・平昌大会の閉会式でパフォーマンスも行った。 英DJ MAGの“Top 100 DJs”ランキングにおいて、2016年、2017年、2018年と三年連続で1位をキープ。2022年に再び1位に返り咲いた。 Martin Garrixとしての活動の他、GRX名義やAREA21名義での曲のリリース、さらにステージネームYTRAMとしての活動も知られる。

もっと見る

「マーティン・ギャリックス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2023年02月07日(火) 11:54UTC 現在での最新版を取得
「マーティン・ギャリックス」をWikipediaで読む