春風亭柳之助 チケット情報

春風亭柳之助

春風亭 柳之助(しゅんぷうてい りゅうのすけ)は落語の名。過去に6人ほど確認されている。 麗々亭柳之助(柳の助とも) - 初代麗々亭柳橋門下。存在した時期は弘化から寛永頃。『落語家奇奴部類』、『大江戸昔噺連名家枝葉鏡』などに見える。 春風亭柳之助 - 後?春天斎柳一 春風亭柳之助 - 後?春風亭桃枝 春風亭柳之助 - 大正中期から昭和初期頃にかけて睦会の連盟、番付に見える。 春風亭柳之助 - 後?五代目春風亭柳昇 春風亭柳之助(1951年8月20日 - ?) - 五代目春風亭柳昇。師匠の前名を貰ったが二ツ目で廃業。本名?小林 正雄。 春風亭柳之助 - 本項にて記述。春風亭 柳之助(1966年(昭和41年)9月27日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。本名?荒木 大作。鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身。出囃子は「恋の痴話文」。

もっと見る

「春風亭柳之助」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
2022年11月28日(月) 00:24UTC 現在での最新版を取得
「春風亭柳之助」をWikipediaで読む